FC2ブログ

出合い系サイトの使い方(3)メール成功法

出合い系サイトの使い方(3)メール成功法
(参考 ハッピーメールマニア様)

掲示板や検索で見つけた相手とコミュニケーションをとる手段が、メールです。
せっかく、つながった相手であっても、メールで失敗してしまうと何の意味もなくなります。
ただ、メール1つ書くのにも、返事をもらえるテクニックが存在するので、知っていれば比較的簡単に出会いにつなげることができます。

<最初は敬語を使う>
女の子は常に警戒心を抱いています。
最初は、馴れ馴れしくせず、敬語からはじめてください。
下ネタは絶対NGです。
最初から下心が見え見えだと、どんなに積極的な女の子でも引いてしまいます。


<自己紹介は必ずする>
これはもう最低限のマナーです。
名前くらいは必ず名乗りましょう!

<相手の興味のある内容を入れる>
女の子は多くて一日に数十件というメールを受信します。
そんな中、返信をもらえるために重要なことは、相手が興味のある内容かどうかです。
事前に相手のプロフィールや掲示板を隅々まで見て、話題を見つけることです。


<内容は短めに>
メールの内容はなるべく短くシンプルに書きましょう。
全て見るのが面倒くさいという女の子も結構います。
ハッピーメールは800字以内でメールが書けますが、限界まで書くと原稿用紙2枚分になります。
そんなメールは、スルーされてしまいます。
200~300字くらいにしましょう。

<メルアドをもらう>
仲良くなれば、次のステップとしてメールアドレスを交換することになります。
とにもかくにもメアドを交換してからなので、3~4回メールをした後にさりげなく聞いてみましょう。
少し警戒心を抱いている女の子に対しては、「フリーのメルアド(Yahoo mailやhotmailなど)でもOK!」と伝えると、交換しやすくなります。


<駆け引きも重要>

会う約束を取るためには、相手に興味を持ってもらい、気にしてもらう必要があります。
その1つのテクニックとして、すぐに返信をしないことが有効です。
相手からきたメールに対して、少し間隔を空けると、適度な不安感が生み出され、相手の気持ちを向けさせることができます。
そして、メールがきたときにはそれ以上の喜びを与えることもできます。
男女の出合い恋愛には、こういった駆け引きも重要です。

予定は相手に決めさせるようにします。
これにより、直前のキャンセル(ドタキャン)も回避できます。
16 : 57 : 36 | 出合系サイト必勝法 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<出合い系サイト男女とも完全無料 | ホーム | 出合い系サイト成功法(2)掲示板&検索成功法>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://einokana.blog39.fc2.com/tb.php/740-c3d44414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ご訪問ありがとうございます。

星明子

Author:星明子
1990 7/26生 東京都台東区に勤務

メニュー

最新記事

月別アーカイブ

姉妹サイト

無料出会い系サイト厳選「やはり出会いサイトは、無料or低額が第一です。」
出合い系優良無料「頼れる出合い系サイト」はコチラから。
であいけいさいと評価
出逢い系サイト実践ゼミナール
出合い系サイト「ココが一番!」
出合い系サイト スマホ /PC
出合い系サイト~無料&低額

出逢いサイト評価のポイント

(1)私が、実際に男性に出会えたこと。
(2)または、スムーズにメールのやり取りができたことです。女の子の私が相手の男性にメールを返せた、ということは、女性会員がサクラしかいない悪質な出合い系サイトではないと判断できました。
(3)無料出合い系サイトは、全てのコンテンツが完全に無料であること。
(4)有料出会いサイトは、低額で料金システムに嘘がないこと。私は料金のことはわからないので、お付き合いした男性から情報を頂きました。
(5)有料(ポイント制)出合い系は、先にポイント購入をする安心システムであること。
(6)有料(定額制)出会い系サイトは、本当に一ヶ月固定料金であること。
(7)使いやすくて、個人的に好感を持てたこと。



★一ッ星
合格点の、出合い系

★★二ッ星
迷ってしまった時ココなら後悔なしの優秀!出会いサイト

★★★三ッ星評価
現在、他のに入会中でも、お試しする価値の有る最高の出合い系サイト



ある、出会いサイトの私のページです。 mirano1.gif

プロフィールの一部です。 kanapurohu2.jpg

頂いたメールで~す。(*'v^*)♪ kanapurohu3.jpg



Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ