FC2ブログ

あの「yahoo!」が出合い系サイトの運営を開始

Yahoo!お見合い
あの「yahoo!」が出合い系サイトの運営を開始しました。
サイト内容は、超シンプル。
良く言えば、無駄な機能が無いわかりやすいサイトになっていますが、もちろん優良サイトだと思います。

目的は真剣な恋愛・結婚のサービスを提供で、プロフィールに書き込む内容もどちらかといったら結婚志望が多いです。

サポートや作りはしっかりとしており、身分認証などは男女ともに必須、業者や冷やかしなどは完全に排除しています。

アプローチ回数は月9回までときめられており一般の出合い系サイトのような女性に負担がかからないように配慮されています。

真剣な出合いを探している人には是非おすすめしたいと思います。


使い方は、は検索機能から相手を探し、メールで交際を申し込みます。
一か月9回申し込みでき、OKが出れば直接メールでやりとりもできます。
2100円で4回追加できます。
回数限定なので、プロフィールは、慎重に魅力的なものにすべきです。

機能面はシンプルで、会員検索機能、新しく入会した会員を見る、写真掲載会員を見る、詳細条件検索、メッセージボード、などです。。

Yahoo!お見合いの利用料金は、男女ともに有料の定額制です。

入会金や成婚料、お見合い料などの追加料金は一切かかりません。

メッセージ交換したいお相手が見つかったら、Yahoo!お見合いの有料サービスをご利用ください。

Yahoo!お見合い1か月プラン 通常価格:4,267円+税341円 Yahoo!プレミアム会員価格:3,790円+税303円

Yahoo!お見合い3か月プラン 通常価格:8,533円+税682円 Yahoo!プレミアム会員価格:7,295円+税583円

Yahoo!お見合い6か月プラン 通常価格:12,800円+税1,024円

少し高いと感じるかもしれないですが、サービスの質を考えれば高くはないと思います。

Yahoo!お見合いのサポート対応は、疑問に思うことがあれば、サイト内のFAQ(よくある質問)でほとんどのことが解決します。
またお問い合わせ窓口もしっかりした対応をしてくれます。

さすがYahoo!ブランドはだてじゃないといった感じ。

利用者の身分証提出を必須にしているので業者が絶対に存在しない安心な作りになっています。


さすがYahoo!の結婚・恋愛サイトだけあって、結婚情報系のサイトの中でもピカイチの会員数を誇っています。
婚活ブームに乗って、今後も増えていくでしょう。
会員バランスも悪くなく、男性から無駄にアプローチがいかない設定になっているので返信率は高い。

真面目な出合いを探している人には文句なしのサイトです。

身分認証がしっかりしているので安心して利用してください。

もちろん女性にもおすすめの安心できる出合い系サイトといえます。

相手が見つかれば、直接メールのやりとりも自由なので費用対効果も高いと思います。
14 : 06 : 41 | 婚活も出合系サイトで。 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
| ホーム |

ご訪問ありがとうございます。

Akiko

Author:Akiko
1990 7/26生 東京都台東区に勤務

メニュー

最新記事

月別アーカイブ

姉妹サイト

出合い系サイト スマホ
出会系子の「理想の出合い系サイトで素敵な出合い」
出合い系数MAX!使える出合い系サイトはコチラから。

出逢いサイト評価のポイント

(1)私が、実際に男性に出会えたこと。
(2)または、スムーズにメールのやり取りができたことです。女の子の私が相手の男性にメールを返せた、ということは、女性会員がサクラしかいない悪質な出合い系サイトではないと判断できました。
(3)無料出合い系サイトは、全てのコンテンツが完全に無料であること。
(4)有料出会いサイトは、低額で料金システムに嘘がないこと。私は料金のことはわからないので、お付き合いした男性から情報を頂きました。
(5)有料(ポイント制)出合い系は、先にポイント購入をする安心システムであること。
(6)有料(定額制)出会い系サイトは、本当に一ヶ月固定料金であること。
(7)使いやすくて、個人的に好感を持てたこと。



★一ッ星
合格点の、出合い系

★★二ッ星
迷ってしまった時ココなら後悔なしの優秀!出会いサイト

★★★三ッ星評価
現在、他のに入会中でも、お試しする価値の有る最高の出合い系サイト



ある、出会いサイトの私のページです。 mirano1.gif

プロフィールの一部です。 kanapurohu2.jpg

頂いたメールで~す。(*'v^*)♪ kanapurohu3.jpg



Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ